春休み短期家庭教師(個人契約)

東京で英語専門・家庭教師(個人契約)をしております、英語見直し工房です。

今年は突然の学校の休講もあり、春休みが早まりました。

春休み中の短期家庭教師のお問い合わせを例年いただきますので、

これまでのご依頼例などを挙げながら、ご案内をしたいと思います。

春休み短期英語家庭教師

大学受験をメインで指導しておりますので、普段は高3生や浪人生が多いのですが、

春休みの短期指導では、長期の休みを利用して勉強を希望する受験生以外の生徒さんからもご依頼が増えます。

ご依頼で多いのは次の3例です。

  • 中学英語の復習をしたい
  • 普段塾に通えない為、冬休みに受験対策をしたい
  • 受験勉強の「はじめ方」を学びたい

以下、それぞれの例を詳しくご説明します

家庭教師による中学英語の復習

中学では教科書の各章で新出の文法事項(例えば、関係代名詞)があり

それを中心に勉強していけば、定期テストでもそれなりの点が取れたかと思います。

しかし、高校では中学の内容をベースとして高校範囲で教える文法事項を加えてゆくことになります。

従って、中学英語があいまいだと定期テスト等で得点をすることが難しくなります。

そのため、来年度以降の文法などがスムーズに理解できるよう、春休みの間に中学英語の基礎を復習しておきたいというご依頼です。

高校に入っていきなり教科書が難しくなった、と思う方は多いのではないでしょうか?また、春の間にもう一度中学の内容を復習して、高校での学習に繋げたいという中学生の方もいらっしゃるとお思います。

そのような新高1・高2生方から、中学英語の復習のご依頼は多くなっています。

短期で受験勉強の練習

普段は、部活や習い事で忙しい1年生(新2年生)の方から、春休みを利用して受験勉強のやり方を知りたいというご依頼も多いです。

また、全寮制の学校の生徒さんから、帰京時に集中的に勉強したいというご依頼も受けます。

受験勉強のはじめ方を学びたい

新たに受験学年になった高3生や、来年度の受験を目指す高3・浪人生からのご依頼としては、

学校の新学期・予備校や塾が始まる前に、

受験勉強のやり方はじめ方を体験しておきたい」

というものです。

高2の時までは学校の定期テストが勉強の中心であった生徒さんも多いと思います。

また、受験を一度終えた浪人生も、昨年度の失敗を繰り返さない為に、新たな勉強法を模索する必要があるかと思います。

英単語を覚える練習を始めたり、文法を基礎から復習したり、受験生としてやるべきことを春休みの間に、家庭教師がリードしながら体験することで、スタートダッシュが可能になります。

個人契約・英語家庭教師が柔軟に対応

個人契約の家庭教師のため、上記以外のご依頼にも柔軟に対応してきました。

私も勉強になるような特殊なご依頼もあり、

短期家庭教師は家庭教師としての経験値をグンと上げてくれます。

家庭教師本人が問い合わせ段階から対応しますので、

英語学習に関することでしたら遠慮なくお問い合わせいただければと思います。