スマホ 家庭教師

スマホで家庭教師のオンライン授業をで行ってみて、気が付いたことを今回は綴ってみようと思います。

英語専門プロ家庭教師として、オンライン授業は数年前より行っていますが、今年は4月よりZoomを利用した授業を展開しています。

Zoomの授業は、パソコンよりも、タブレットやスマホで受講の生徒さんが多い傾向にあります。

スマホ家庭教師とプリント

生徒さんには、『英文法解説集』という、英文法の解説プリントをまとめたものを、郵送又はPDFファイルで事前に送るようにしています。

授業時間の有効活用と時短

プリントがあることで、英文法の導入解説(例:「不定詞とは」)のような、書く量の多い場合でも、生徒さんは画面越しにノートを取る必要が無くなります。

スマホの画面越しではノートが取りにくいですし、時間もかかります。

プリントを生徒に送り、共有しておけば、スマホの画面をほとんど見ずに授業が可能です。

また、必要事項をプリントに書き加えるだけですので、「時短」にもなり、生徒さんの分からない所に時間を割くことができます。

英文法プリント

メモ書き解説を避ける

スマホによるオンライン家庭教師を始める前、対面授業の時からプリントは使用しています。

というのは、ともすれば家庭教師の授業における解説は、メモ用紙に「ササッと」走り書きしたものになりがちで、

これでは、勉強が進んで「あれ何だっけ、ちょっと調べたい」という時に調べることができません。

バインダーなどにまとめてプリントを残すことで、自作の参考書として、復習が可能になります

英文法ノート

スマホで生徒の発言を増やす

スマホでの家庭教師の場合は、生徒さんに発言してもらう時間を増やしています。

生徒さんの顔は見ることができますが、「理解しているのか」を表情から理解するのは、画面越しだと、少し難しかなと感じます。

ですので、少し解説をしたら、すぐ後に、それを理解できているかをチェックするため、例文を訳してもらったり、問題を数問解いてもらうようにしています。

スマホ家庭教師の宿題チェック法

スマホ家庭教師でも、対面と変わらず宿題を行います。

英文法の問題集を解いたノートは、授業前に画像に撮って生徒さんにメールに添付して送ってもらっています。

対面では目の前でノートを見ることができますが、インターネット授業ではそれは不可能です。

もちろん、ZOOMで授業を行っていますので、カメラを顔側から外側に切り替えてもらうことで、ノートを映してもらうこともできます。

しかし、事前に送ってもらうことで、細かい間違えをチェックすることができますし、限られた授業時間を有効に使うこともできます。

スマホ家庭教師での出会い

最後に、インターネットを通じて授業をするということは、さまざまな地域の生徒さんと出会えるのだなと感じました。

対面では、私が通うことのできる範囲、つまり東京圏の生徒さんに限られていました。

しかし、スマホ家庭教師では、全国の生徒さんとつながることができます。

まさか、関西圏の生徒さんに授業ができるとは、インターネットが無かったら考えられなかったことです。