英語の基礎(中学英語)

中学英語の重要性

英語専門家庭教師として、基礎に不安のある生徒さんのお手伝いを多くしてきました。

私のところには、中学英語に不安のある生徒さんからのご相談が最も多くなっています。

中学英語と言うと簡単な感じがするかもしれませんが、中2の段階で大学受験につながる文法事項で始めます。


中2:助動詞、不定詞、動名詞、比較、接続詞

中3:受動態、現在完了、分詞、関係代名詞、間接疑問文(名詞節)


上記のように、大学受験でおなじみの文法事項は既に中学生2年生の段階で習っています。

中学生用の英語テキストを使う

この基礎を補強するために、大学受験用テキストではなく、中学生用のテキストを使います。

中学生用の問題集の使う理由は、問題文の単語が簡単で、文法事項の理解に集中ができるからです。

英語が苦手な生徒さんの多くは、単語力も足りない場合が多いため、単語が難しい問題集だと基本的な英文法でも、単語のせいで難しい問題と感じてしまいます。

英語見直し工房では、下記の塾用教材を使っています

  • 新中学生問題集 中3 発展編
  • 新中学生問題集 中2 発展編
  • シリウス 発展編 vol.2

新中学生問題集 中3 発展編

中3で学ぶ英文法事項だけでなく、1年~3年までのすべての英文法事項が復習できるため、ほとんどの生徒さんは、この問題集を使います。

また、「発展編」とあるように、難関高校を受験する中学生向けのテキストです。効率の中学では教えない、発展な内容、つまり大学入試でも問われるレベルの事項もあつかっています。しかも単語は大学受験用の問題集に比べ、易しくおさえているため、非常に使いやすい問題集だと思います。

新中学生問題集 中2 発展編

上記の中3生用が難しいと感じる生徒さんに使用してもらいます。中3生向けよりも、さらに単語は易しく、文法を理解することに集中できます。

分詞、関係代名詞、間接疑問文(名詞節)以外、すべての中学英語の文法事項を扱っています。

シリウス 発展編 Vol.2

上記2つのちょうど中間くらいのレベルの本です。中2用ですので、分詞、関係代名詞、間接疑問文(名詞節)の扱いは有りませんが、新中学生問題集よりも、問題の量が多いため、演習用として使用する生徒さんもいます。

英語の基本じっくりと

中学英語というと、「そこまで戻っていて受験に間にあうのか?」と思うかもしれませんが、上記の問題集であれば、やる気さえあれば、一か月~三か月で終わらせることができます。

中学英語の基礎を復習し、そこから高校レベルの文法事項を身に着けてゆく、というやり方が、遠回りなようで、実は最短の英語攻略法であると私は考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です