英単語フォーミュラ1700と1400(その1)

英語専門プロ家庭教師として東京で活動していいます、英語見直し工房です。

英語が苦手な生徒さんを大学受験レベルに引き上げていく際、身に着けていただく知識の一つが、英単語です。

英語が苦手な方のほぼ全員が英単語の知識が不足しています。中学生の英単語レベルからスタートする方も珍しくありません。

そんな生徒さんたちに、まず取り組んでもらう参考書が、東進ブックスの『英単語フォーミュラ』シリーズです。

英単語フォーミュラには、中学英単語1400と、1700の2つが存在しています。

中学英単語フォーミュラ1400(FORMUAL1400)

中学の英単語が不足している方が、短期間で中学レベルを復習するのに最適だと思うのがこの単語集です。

以前は『フォーミュラ1200 Basic』とういタイトルで大学受験用の基礎として売られ(当時は「中学1年レベルからセンター入門まで」とタイトルがついていました)

その後、タイトルに『中学英単語』を加えて中学生向けとして再出版されました。

中学英単語フォーミュラ1400が大学受験生にオススメな理由

フォーミュラ1400は、上記のように大学受験用の基礎向けであったため、英語を初めて勉強する中学生向けの超基礎単語、

例えば、代名詞のI my me mine や、Sunday Monday … east west などの単語は、

メインで覚える部分以外のページにまとめられていて、必要が無ければ飛ばすことができます

その意味で、大学受験生が効率よく中学レベルの英単語を復習するに適していると考えます。

フォーミュラ1400以外の一般的な中学生用の単語集は、英語を初めて学ぶ方向けに作られている為、上記の単語もメインで覚える部分に入っていることが多いからです。

英単語フォミュラ1700と中学英単語フォーミュラ1400のつながり

フォーミュラ1400を終えた後は、1700の方へ進みますが、その連携の際にとても素晴らし工夫がこの英単語集シリーズにはあります。

フォーミュラ1400の4章(stage 4) に掲載されている単語300個は、重複してフォーミュラ1700にも掲載されている点です。

単語集の著者のはしがきによれば、

「新しい英単語集を、いきなりはじめるよりも、300語の既習語がある方がスムーズで効果的」

であるとのこと。

その通りだと思います。

知っている英単語があるのと、無いのでは、「やる気」という点でまったく違ってくると思います。単語集を開いた瞬間に知らない単語ばかりだと、やる気も失せてしまい、挫折につながる可能性があります。

その点、このフォーミュラシリーズは、1400と1700の連携がとても良くできていて、やる気の継続につながると思います。また、上記300の英単語のさらなる復習にもつながります。

※次回は、フォーミュラ1700についてもう少し詳しく書きたいと思います。→英単語フォーミュラ1700と1400(その2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です