英文法ランダム問題集のおすすめ

英語専門プロ家庭教師、英語見直し工房です。

NEXT STAGE、 UP GRADE、 VINTAGEなどの大学受験用英文法問題集は、文法項目別で構成されているため何度も繰り返していると、何となく解答が分かってきてしまう傾向があります。

そこで、ある程度文法事項をインプットできた段階で、文法事項がランダムになっている問題集に変更してゆく必要があります。

私の場合は、桐原書店の通称「ファイナル問題集」、正式名称『全解説実力判定英文法ファイナル問題集』を薦めています。

ファイナル問題集

NEXT STAGEと同じ先生の本ですので、NEXT STAGEとの相性が良いです。

しかし、UP GRADE やVINTAGE も扱っている文法項目はほとんど変わりませんので、ファイナル問題集でランダムで復習することも十分可能です。

完全にランダムではない

全10回のうち1~9回までが文法・語法・イディオムで、10回目の最後が会話問題です。

二十数項目の文法・語法・イディオムを毎回すべて扱うのではなく、1回に扱う文法事項は7~10項目程度です。

1回~3回が1セットで、英文法・語法・イディオム全範囲を見渡ことができます。

つまり1回~3回・4回~6回・7回~9回と進めてゆくと、全範囲を3回転できることになります。

択一問題以外もある

NEXT STAGE等の問題集は、4択問題などの択一問題が主な形式になっています。

しかし、ファイナル問題集は1回分のテストの中に、択一問題の他に、誤文訂正(間違い探し)や並び替え、言い換え問題などもきちんと入っていて、出題形式の点でも様々な問題に触れることができます。

ランダム問題集はいつから使う?

赤本(過去問)では、文法問題は当然ランダムですので、赤本を解く前の練習として、ファイナル問題集でランダムに英文法のを終えているのが理想です。

一方で、英文法の基本事項のインプットについては、NEXT STAGEなどの英文法項目別問題集を使うのが効率が良いと考えます。

従って、

  1. NEXT STAGE等
  2. ファイナル問題集(ランダム問題集)
  3. 赤本

という順番になりますが、受験まで時間が無ければと赤本とランダム問題集を平行して進めましょう。


英語見直し工房では、1回だけの申込み可能な「ワンデイ学習相談」コースを設定し個別のご相談をお受けしています。

問題集・参考書の選び方、受験勉強の計画立て方など、生徒さんの現状に合わせてアドバイスを提供します。→ ワンデイ学習相談